キャッチ

効果事例

化粧品のサンプリングの場合

化粧品のサンプリングを例に
“The キャッチ”の効果事例をご紹介します。

今までのキャンペーンでは

 今までのキャンペーンでは対象となる年齢の女性に店頭や駅前などで試供品を配布する際に、興味のない方にも配布してしまいサンプルを無駄にしてしまったり、キャンペーン後の効果が分かりにくいと言った問題点があります。

試供品10,000個をランダムに配布した場合
配布人数:10,000人(10,000個の試供品を1人に1個づつ配布)
商品に興味をもった人:1000人(10,000人×商品に興味をもった人の割合:10%)
リピートした人:100人(1,000人×リピートした人の割合:10%)
The キャッチでは

 キャッチを使う事で“商品に興味をもった人”を選別することにより、試供品を無駄に配布することなく効率良くリピート率をUPさせることができます。

試供品10,000個を「The キャッチ」を使ってターゲット※ に厚くサービスした場合
予め「The キャッチ」を使う事により“商品に興味をもった人にだけ試供品を配布”することが可能となります。無駄配りがなくなる分、ターゲットに対して厚いサービスが可能となり、リピート率のUPやブランドチェンジに繋げます。
配布人数:2,000人(10,000個の試供品をターゲット1人に5個づつ配布)
商品に興味をもった人:2,000人(2,000人×商品に興味をもった人の割合:100%)
リピートした人:600人(2,000人×リピートした人の割合:30%)

※ターゲット=その商品に興味を持った人

その差6倍